・STARTあとがき


ご訪問ありがとうございますー。
改めて、文章まとめるのがにがてなひと、こなです。
右のスクロールバーの通り、文章、本っ当に長いのですが(汗)
よろしければ最後まで読んでいただけるとうれしいです。



わたしがFLASHを知ったのは、第2回の紅白FLASH合戦でした。
それでFLASHに興味をもちまして、妹(アオ)と一緒にFLASH5を購入したんですよね。
なので、割と以前からFLASH自体はもっていたのですが…その時は使いこなすことができず
そしてFLASHからもだんだん離れていってしまっていました。



そしてまた、第3回紅白FLASH合戦でもどってきまして。

そこで たくさんのひかりを みました 。

アオと「来年は一緒に対戦なんてできたらいいねー!」とか話していましたね。
…まさかその時は来年がないとは思わなかったなぁ。(苦笑)



そして「じぶんも…!」と、うごきはじめようとしたのですが…

やっぱり前には進めませんでした。

つくりたいという想いだけはものすごくあるのに
まったく形にすることができませんでした。



そのうちにアオがどんどんすごい作品を作り上げていきまして。
じぶんは前に進めないまま、時間だけが過ぎてゆき。
自信が持てる作品は合作の1作のみ。これはもちろん4分の3以上アオさんの力なわけで。
あー…わたしにはFLASHは作れないのかなぁー…。と。

もう…ほとんどあきらめていたんです。



そして時間はたち。

小さなゲームFLASHをつくりながらも、すっかりFLASHを「見る側」になっていたじぶんは
『Masquerade』というイベントで『Fleeting Dance』という作品に出会いました。




--- 目的も 迷いも すべて後回し ---

--- つかの間の幻を信じるのなら 手のひらの上でもいい 誰よりうまく踊れ ---




… ずっと止まっていたものが 動きはじめた 気が しました 。




吸いこまれるように画面を見つめていましたね。
そしてこみあげる想い。

「わたしにも…なにかつくれるかな…!」




この衝撃以降、FLASHに制作に取り組む姿勢はがらりと変わりました。
技術がないのはわかってる。だけど、じぶんにできる精一杯のことをやるんだ…!と。
正直、完成した作品は本当に荒いんですが(苦笑)
じぶんで「つくれてよかった」と心から思える作品だと思います。



そして、2つめのMOTHER3FLASH、完成。この時、じぶんの中にある想いが。

…FLASHイベント、出てみたいなぁ。

しかし、やっぱりじぶんまだまだへたれでし   た 。(汗)
出たい気持ちだけはあっても、なかなか勇気が……勇気…があぁー…。orz
でも、その時に思い出したんです。


…そうだ。今年も…あるんだ。
去年、衝撃を受けた…匿名参加が可能な、あのイベント。


ここで、『Masquerade -2nd stage-』へむけてFLASHをつくりはじめることを決めました。



そして、楽曲探しでDJ.Utaemonさんの楽曲『Meet again』に出会いました。


わくわくするココロ。
つき落とされる絶望。
未来への扉。階段。
そして、ひかり。


…もう、一瞬で大きなイメージ浮かびましたね。
そして、わたしがこのイメージで作れるFLASHは、たったひとつしかない。
そのイメージでつくるには、この楽曲以外では絶対につくれない。
そのFLASHを…全力でつくってみたい…!!

祈るようなきもちでDJ.Utaemonさんにメールを送りました。
快いお返事をいただけた時は大感激でしたね。すっごくうれしかった…!



それからはもう、じぶんとの戦いでしたね。

最初はFleeting Danceのシルエットさんと同じように
今回のキャラクターもシルエットで動かすつもりでした。
が、白→黒の転換ですごく違和感があったり
表情を表しきれないなぁ…ということがあり、今回のような形に思いきって変更。
どうなるか不安でしたが、うまくまとめられたんじゃないかなぁと思います。

今回走り回っている女の子には 「りんご」 という名前がついていました。
マスカレリストのサムネイルがあんな形だったのはそのためです。りんごはね。

…とまぁ、制作うらばなしはまだまだあるのですが、このあたりでもうとめておきます。
ながいので。書き出すときりがない。(汗)




なれないMG部分の構成が思いつかずになげだしそうになったり。
普段描かないものばかりで投げやりになりそうになったり。
じぶんで作ったものなのに、あまりにかみ合っていない色に「きもちわるーー!;」と叫んだり。
たった1秒もないモーションに全力で苦しんだり。



妥協、たくさんしました。
挫折も、何度もしました。

だけど。
今もっている力、全力で出しきりました。。



ここまでたどり着くのに…本当に、すごく、時間がかかったけれど
やっとスタートラインに立てた気がします。

ここから、すこしずつでも…前にすすんでいけたらいいな、とおもいます。




んで、提出をして最初に作品をみてくださったのは、もちろんマスカレ主催のGarniさんなのですが
このときの返信メールで本気でじぶんの目をうたがった言葉が。


「見た瞬間もういつ発表しようか決めちゃいました。」




ちょまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっ!?(焦)



い、いや、だって。

じぶんのFLASHのタイトルは「START」なわけで。
FLASH内容もまんまそのようなテーマなわけで。

となると、いきつく答えは1つなわけ……で………。




なんと、去年このイベントでわたしを動かしてくれた
あの『Fleeting Dance』とおんなじ舞台、トップバッターをいただくことができまし  た。




ええ。びびりましたよ。
このときうまれてはじめて「びびる」ってことばをつかいましたですよ。


でも…本当に……本っっ当にうれしかったです……!!


あたたかい感想もたっくさんいただきました。もう、大感激です。
すこしでも、見てくださった方に勇気をあたえられるといいなぁ。




さいごにもういちど。

マスカレを主催してくださったGarniさん。
再び動き出すきっかけをくださったyama_koさん。
すてきな楽曲の使用を快諾してくださったDJ.Utaemonさん。
そして、この作品をみてくださった皆さまに大きな感謝を。


最後まで読んでくださいまして、本当にありがとうございました…!!(ぺこり)



みちはまだまだ ながくとおく。




余談。

マスカレスレにもすこし書いたのですが
この作品をつくっている時はyama_koさんの/up3作品(RTR)の内容は
全 く 知 ら な か っ た んですよね。


公開された時、本当に驚きました。
何度も何度もみた、あのシルエット。
そして最後のことば。

「次は−−−−−−」


……「Time has come」なんて書いちゃっ……(動揺)


ほんとのひかりを求めて走った 「RUNNERS」
…を追いかけてたどり着いた 「RUNNER」 (Fleeting Dance)
…にあこがれて走り出した 『RUNNER』 。


…連鎖したのは本当に偶然だったのですが
どうやらわたしの『START』は、この最後の 『RUNNER』 の位置に立てたようです。
…なんだか、うれしいな。みらくる。


何十年かかるかわからない。
だけど…

わたしもいつか…
あの、光あふれる場所に辿り着くことができますように。

--
2006.12.31 こな


window close